夏と言ったら…ザリガニ採りに決まってんだろ!子供時代に戻ってザリガニを採る

どうもーいいとめ佐々木です!!!

・コロナ渦でなかなか外出できない…

・子供のフラストレーションが溜まっている

ということで悩んでいることでしょう。そうでしょう。

たしかに宮城の県北には仙台ほどのアミューズメントパークや、東京のように歩けばなんでもあるというわけではありません。

しかし待ってください。我々にはあるじゃないですか。森、田んぼが。

ということで

ざりがに採りじゃ!!!!いっぱいザリガニとるんじゃ!!!

こういうときはザリガニとりゃいいのよ。

イカを紐で結んでザリガニが挟んだ瞬間に引き上げる手法なども存在していますが、今回はより子供らしく網一択で戦っていきたいと思います。

ということでザリガニを取っていきます

……感じる。感じるぞ。

こういう用水路にはやつらがだいたいいます。

今だ。

ほらね。簡単に取れるのよ。取ったらもちろん。

喜びを表現。忘れちゃいけないよね。

観察しよう

小さいけどみればみるほどかっけーな。なんで手じゃなくてハサミになったのだろう。

今はネットがあるから便利だね!

はさみって切れても復活するんだ。ザリガニやべぇ。

観察が終わったら…

キャッチアンドリリース

子供の頃に戻るっていうのはいいことだね。

ぜひみなさんもこの記事を読んだらザリガニ取りをしてみてください。

あなたにおすすめの記事

登米市に越冬しにきた渡り鳥を撮影してみた

新年のご挨拶

頭にフィット!自分にあった枕を購入する現場に密着してみた。

冬の蛍通り、豊里駅前の夜空に舞う光