【石巻市博物館企画展】「平山郁夫が描いた「奥の細道」 松尾芭蕉がみた石巻」開催

こんにちは、いぶちゃんです。

今日は5月20日(金)から開催される【石巻市博物館企画展】「平山郁夫が描いた「奥の細道」 松尾芭蕉がみた石巻」についてご紹介していきます。

石巻市博物館企画展 概要

【期間】  2022年5月20日(金)~2022年6月26日(日)

【時間】  9:00〜17:00 (入館受付は16:30分まで)

【休館日】 月曜日

【会場】  石巻市博物館 企画展示室 (宮城県石巻市開成1-8)

【観覧料】 一般800円/高校生500円/小中学生300円(常設展観覧料含む)
      ※20名以上の団体は2割引

展示内容

描かれた“ふたつの道”をあるく展覧会
 「歌枕の地」をみちのくに訪ね、漂白のなかで俳諧をみがいていった松尾芭蕉
 「仏教伝来の道」をシルクロードに訪ね、画業の原動力にしていった平山郁夫

石巻市博物館において、平山郁夫の画業とともに、平山郁夫が描いた「奥の細道」、松尾芭蕉がみた石巻について紹介します。

これらの作品から東北の魅力ある風景、作品の舞台となった聖地の由緒と画家の描く視点を対比しながらお楽しみください。

東北の聖地を描いた「奥の細道」シリーズ全作品展示

シルクロードの画家として広く知られた日本画家平山郁夫は、平成に入ったころから日本の「路」をテーマとして日本各地を旅し、その原風景を描きました。

石巻市博物館企画展では、そんな東北の聖地を描いた「奥の細道」シリーズの全作品を展示します。

今回の企画展では、作品のもととなった現地でのスケッチも展示されるようです!
スケッチと素描作品の両方を楽しむことができます。

特別陳列「牡鹿郡石巻全景眺望図」初公開!

石巻市博物館企画展では、石巻市博物館所蔵「毛利コレクション」から「牡鹿郡石巻全景眺望図」が初公開されます。

松尾芭蕉は「数百の廻船入江につどひ、人家地をあらそひて、竈の煙立つヾけたり」と『おくのほそ道』に驚きを持って記しました。

そんな江戸時代の石巻の賑わいや、町並み、寺社などの現在との違いを感じることができます。

トークセッション
「平山郁夫があるいた「路」-シルクロードから奥の細道まで-

6月11日(土)には、加藤幸治、幸野昌賢、大塚裕一によるトークセッションが行われます。

【パネリスト】 加藤幸治 武蔵野美術大学 教授
        幸野昌賢 平山郁夫美術館 学芸員
        大塚裕一 平山郁夫シルクロード美術館 学芸員

【日時】  2022年6月11日(土) 13:00~15:00

【場所】  マルホンまきあーとテラス 小ホール

【定員】  150名

【参加費】 無料(申込不要、当日会場へお越しください。)

マルホンまきあーとテラス ホームページより

https://makiart.jp/foevent/event_220520/

最後に

今回は【石巻市博物館企画展】「平山郁夫が描いた「奥の細道」 松尾芭蕉がみた石巻」についてご紹介していきました。

彼らが見た石巻をぜひ会場でお楽しみください。

それではまた次回お会いしましょう。

あなたにおすすめの記事

いい眠りしてますか?登米町のふとん店 角田屋

チョークアート作品展に行ってみた!

【登米市東和町米川】ユネスコ登録、登米市の奇祭「水かぶり」に行ってきました!

いいとめインフォを運営している会社は「合同会社オフィスウイル」