仙台藩の天文学に貢献した登米の天文学者がいた?「星よみのひと~登米地方の天文~」

いいとめインフォ社長です!

梅雨入りしましたが、お天気が続いてうれしいですね〜

星よみのひと~登米地方の天文~

先日、登米(とよま)の春蘭亭に行った際、気になるポスターとチラシを発見!

「星よみのひと~登米地方の天文~」

SNSでも紹介されてましたね〜

おかえり五郎兵衛?

お天気とか天文とか、実はくわしくないんだよね〜

チラシの裏面にいろいろ書いてあるな…

・・・ん?

おかえり。五郎兵衛って。。

なるほど〜 かけちゃった感じですね〜

でも、そんな時代に登米で天文学研究してた方がいたんですかね。すごい!!

なんか、急に興味わいてきた〜

アクセス

「星よみのひと~登米地方の天文~」と題し、6月19日から9月5日まで天文学に関係した武家の美術工芸品を中心に展示します。

月や星が描かれた絵画、武士の装いに用いられた月の意匠、仙台藩の天文学に貢献した登米地方の天文学者を紹介します。

https://www.city.tome.miyagi.jp/…/20210531-kaikokann.html

9月までやってるみたいだから
こんど登米に行くときに寄ってみようかな〜

皆さんもぜひ!

詳細

日時:2021年6月19日(土曜日)〜 2021年9月5日(日曜日)
場所:登米懐古館
   宮城県登米市登米町寺池桜小路72-6
電話: 0220-52-3578

費用:
観覧料金大人400円、高校生300円、小・中学生200円

あなたにおすすめの記事

豊里の車屋さん「千葉モータース」の中古車情報

遠山之里にて「登米市ロケ弁フェア」が始まっているぞ!

あ・ら・伊達な道の駅のオンラインショップが2021年6月10日から開設しているぞ!

登米市佐沼に【いつも月夜に麺の飯】というラーメン屋がオープンしていた!情報をまとめました